しょくひん

サポニンの含有率が非常に高い高麗人参

高麗人参といえば、高価でどんな病気でも治せる薬というイメージが高い漢方薬ですが、昔の人はどのような効果があるか分かっていたのでしょうか。

高麗人参について詳しく調べられたのは、1854年にガリックという学者が有効物質を抽出し、「パナキロン」と命名したものが、現在では「サポニン」と総称されているものに含まれています。
サポニンは疲労回復や免疫力向上をはじめ、血液や自律神経にも効率的に働きかけ、糖尿病や動脈硬化、滋養強壮などに優れた効能を発揮します。
実はこの成分はどの植物にも多少なりは含まれているのですが、高麗人参ほどに含まれているものはありません。
サポニンが多く含まれる高麗人参の根っこを乾燥させてものが漢方薬や生薬として重宝されているわけです。
高麗人参選びの基準はこちらを参考にしてください。

サポニンは水に溶けにくく、泡が立つという性質を持っているためか、平安時代には植物から摂ってシャンプーの代わりのように使っていたという事があり、シャボン玉の語源がサポニンという説も有効と言われているほど
です。
しかも同じ高麗人参でも産地が違えばサポニンの含有量が大きく変わるために、高麗人参という名前であっても価値が大きく変わってしまいます。

特にサポニンが多く含まれている高麗人参の産地は韓国です。
同じ高麗人参でもサポニンの含有量に差があり、あまり安い高麗人参は中のサポニンが少なく折角の高麗人参の効能があまりないといえるでしょう。
日本に伝わったのは奈良時代というのに、栽培が始まったのが江戸時代というのですから、いかに栽培方法が難しく希少なものであったのかということが伺えます。

またサポニンの含有量がもっとも多いのが、「6年根」という、つまりは6年目の高麗人参のことです。
7年目以降になるとサポニンが減り始めてしまいますから、6年目がサポニンの含有率が非常に高い高麗人参になるのです。
こちらのサイトで美容やアンチエイジング、ストレス緩和、高血圧対策、癌に効果のある高麗人参サプリメントの選び方や口コミ評判について、いろいろな角度から比較しています。よかったらご覧ください。

Menu