しょくひん

大地の栄養分をあるだけ吸収して育つ高麗人参

高麗人参は簡単に栽培できるものではなく、1年根から6年根までの等級に分けられているとはいえ、最低でも3年、最高6年は育てなくては高麗人参としても成分が得られないともいわれています。
そんなに埋めていて大丈夫なのかと考えるのは普通の野菜とか、季節のものの場合であり、高麗人参が6年以内ならば、土の中で熟成させていくがごとく、サポニンなどの成分を作っていきます。

さすがに6年を超えてしまいますとサポニンなどが落ち、高麗人参自体も成長率も低下して組織が固くなりますので、最高の高麗人参が6年根とされています。
そしてその6年根を収穫し終わった土壌は、その土事態の栄養が高麗人参に吸われているために最低でも10年は使い物にならないほどに痩せてしまっています。
6年かけて栄養分を吸収してしまったからだといわれていますが、土を再生させる時間の方がかかるというのもすごいものがあるといえるでしょう。

高麗人参は一般に非燥、非陰、非陽と言われ、漢方や生薬に使われる高麗人参の根の形を左右するのは土壌の質と水分のバランスにあるとされています。
高麗人参はアルカリ性に弱く、酸性土壌を好む植物なので、アルカリが強い土壌には酸性の強い山土などを混ぜて調整します。
化学肥料を使ったり、多肥栽培した場所で栽培すると根腐れを起こす可能性があるためです。
それらの自然な土壌成分を6年もかけて吸収するからこそ、高麗人参はその効能の高さを発揮してくれるといってもいいのでしょう。
人気の高麗人参サプリメントランキングはこちらにあります。

収穫後の畑は長い休耕期間を必要としますので、一つの畑の収穫が終わると次の栽培地へ移動し、山の広葉樹を活用して土質を人参の生育に適するように時間をかけて手入れしていきます。
化学肥料を使わず、有機物を中心に土を戻していくのです。
土の状態が悪いと根腐れを起こしたり、害虫に食われてしまって育たないということにもなるほど、高麗人参の栽培は熟練の知識と技術が必要とされているのです。
そんな高麗人参の効果効能と副作用比較はこちらをご覧ください。

Menu