しょくひん

厳選した良質な素材から生まれた高麗人参

最高の高麗人参が作れる環境とは、保水性に優れていて、干ばつ時にも水分の供給が維持される一方、水はけが良好で梅雨にあっても過湿にならず通気性のよい場所であり、土壌水分は50~60%となるところが理想です。
そういった場所には自然と高麗人参が自生しますので、葉の状態をみれば何年物かを調べられます。
栽培している場合には年代が分かっていることでしょう。
ちなみに1年根は苗から育ったばかりのようなものですので、まだ高麗人参といえるような成分も多くありません。

苗を植える時には傾斜角度、間隔、敷き藁などといった細かな配慮が必要になります。
2年目には日照時間や光量を調整するための屋根の設置が必要で、これを怠ってしまうと、栽培の失敗のリスクが大きくなると言われています。
3年目以降からやっと高麗人参としての成分が多くなり、6年根まで待てば最高の高麗人参を収穫できます。

収穫したばかりの高麗人参は「水参」と呼ばれる状態になっています。
水分量も多く瑞々しいのですが、その分傷みやすいので、すぐに加工しなければいけません。
その加工によって高麗人参の使い方が決まるといってもいいでしょう。
高麗人参の効果的な利用法はこちらにかいてあります。

生の状態の場合は、蜂蜜などを加えてお菓子やお酒などに入れて密封した状態の加工食品になります。
もう一つは一番よく見る高麗人参の姿といってもいい乾燥させた状態です。
この状態は「紅参」と呼ばれ、お茶やサプリメントや高麗人参のエキスとしても使われています。

その中でも有名なのは「豊基人参農協」であり、ここの高麗人参の紅参から作られた品々は「皇豊正」というブランドにもなっているほどです。
豊基人参は野生の高麗人参が多く自生する気候と風土を兼ね備えた地域として、古来より有名であり、現在も一番優れた高麗人参の産地として名高いのです。
その地方で栽培され、約500年に渡る高麗人参の栽培ノウハウを生かして、栽培、収穫、加工までを指導している豊基人参農協は常に安心できる商品を市場に届けているのです。

Menu